よくある質問

よくある園に関してのQ&Aです

給食ですか?お弁当ですか?
月・火がお母さんのお弁当、水・木・金が給食です。お弁当・給食それぞれの利点がありますので、両方にしています。

お弁当のねらい
 友だちと一緒に食事をする事はご家庭での食事とはまた別の意味もあります。一緒に食べているお友達と同じ物が入っていて親近感がわいたり、隣の子が食べているのを見て嫌いだったものが食べられるようになったり、先生の「にんじん食べるとおうまさんみたいに早く走れるようになるよ」という言葉に苦手なにんじんをパクッと食べられたり、お母さんのお弁当がうれしくていつもよりたくさん食べることができたり・・・・そんな事が自信につながっていったりします。 「○○ちゃんの好きなから揚げと、煮物も食べてほしいから☆☆と、彩りにブロッコリーも入れて、お豆はつかみにくいからピックにさして・・」等など、全部食べてこられるよう工夫されたお母さんの愛情いっぱいのお弁当は、子どもの発達上の栄養だけでなく、子どものハートを活き活きしたものに してくれます。今は全部食べることができて "全部食べることができた!"、"先生にほめてもらった"、 "お母さんが喜んでくれた!" という気持ちを大切にしたいと思いますので、量も調節しながらお子さんの食べやすいものをお願いします。あせらず、 楽しく食べられることを第一に考えてゆきましょう。

 給食のねらい
 給食はお母さんの手作りのお弁当とは別に、次のようなねらいで行っています。
  嫌いな食品や今まで口にしたことのなかった食品をみんなで一緒に食べてみる機会であり、"まずくないな"、"おいしい"といった発見や、がんばって食べてみる経験を通し、食べることの大切さを 楽しさと共に実感していってほしいと考えています。みんなと同じかわいいお弁当箱を開けることも楽しい気分になります。年少組ではまだ少食の子もいますし、好き嫌いが多い子もいます。それぞれの子どもにあわせたペースで徐々に何でも食べられるよう努力してゆきましょう